検索ホームへ戻る の検索結果 84件中 1-15件目
 絞り込み
       
憲法(人権) (小倉 一志)
 日本国憲法の講義として扱われる内容は、「憲法総論」「基本的人権」「統治機構」の3つのパートから構成されるが、本講義は、「基本的人権」の領域を対象とする。テキスト(下記参照)の内容に沿いながら、それぞれの人権規定が持つ意味内容を判例・学説ともからめつつ、明らかにしていきたい。
2年次 4単位 春学期 火3・他 選択科目
民法(物権) (谷本 陽一)
財産権の二本柱の1つ、物権(もう1つは債権です)について講義形式で授業を行います。物権法は、人と物の関係を、人が物を支配する関係とみています。この講義では、物権法を(狭義の)物権法と担保物権法に分けて扱いますが、物権法では物に対する支配の態様や支配の移転を、担保物権法では物の交換…
2年次 4単位 春学期 月1・他 選択科目
民法(相続) (上机 美穂)
 民法領域のうち家族法は、親族法と相続法に分類されます。本講義はある者が死亡したことで生じる、財産の継承や帰属をめぐる法律について学修します。相続法は、親族関係を基礎として生じる問題ですので、親族に関する知識(親族法を含む)が要されます。さらに、個人の財産の扱いについて検討する…
3〜4年次 2単位 秋学期 木2 選択科目
刑事訴訟法 (前原 宏一)
 犯罪が行われれば、一定の刑罰が科されることになる。これは刑法の規定しているところである。しかし、現実に犯罪が行われたということを、誰が、どのようにして見定め、どのように刑罰内容が決定されるべきであろうか。これに関するルールを定めているのが刑事訴訟法である。だが、犯罪の探求は、…
2年次 4単位 秋学期 火2・他 選択科目
民事訴訟法 (酒井 博行)
 民事紛争の法的な解決のために、紛争当事者間の権利義務関係を裁判所の「判決」という形で確定する手続が、本講義で扱う「判決手続」であり、この判決手続のしくみを規定する法律が「民事訴訟法」です。 講義では、判決手続全体を貫く基本原則、訴え提起から判決に至る手続の流れやしくみ、および…
3〜4年次 4単位 春学期 水2・他 選択科目
会社法 (河森 計二)
 この講義は、会社法について扱います。この講義では、会社形態のなかで株式会社を中心に、そもそも会社とは何か、株式会社はどのように設立するのか、株式はどのように取引が行われているのか、会社の役員になるとどのような責任があるのか、株主と役員の利害が衝突した場合はどのように考えるべき…
2年次 4単位 春学期 火1・他 選択科目
国際法 (片野 淳彦)
このクラスでは、国際法の基礎知識を学びながら、国際社会を法的視点から捉える「ものの見方」を身につけることをめざします。テキストをもとにした講義に加えて、条約集を用いて国際法そのものにふれる機会をもちます。また、国際法をめぐって争われた具体的事例を取り上げ、学生による調査・報告を…
3〜4年次 4単位 秋学期 水1・他 選択科目
消費者法 (上机 美穂)
 我々は、毎日の生活を送るうえで、日常生活に必要な商品やサービスを購入していますが、その過程で時には思わぬ不利益・損害(消費者被害)を受けることがあります。 本講義では、消費者被害を救済し、消費者を保護する、さまざまな消費者関連法について講義します。また、身近で起こっている具体…
3〜4年次 2単位 春学期 水1 選択科目
法社会学 (林 研三)
 法社会学という学問は、法学の分野においては比較的新しい学問です。ヨーロッパでは20世紀初頭から、我が国では戦前の一時期を除けば、第二次大戦後に開花したと言ってもいいかもしれません。 法社会学は「法と社会の関わり」を考察する学問です。本講義においは、我が国での法社会学の出自を話…
3〜4年次 4単位 通年 火3 選択科目
地方自治法 (藤巻 秀夫)
 地方自治法は、 自治行政に関する基本法である。都道府県・市町村といった地方公共団体の組織と運営について規定するとともに、 住民の権利について規定している。 本講義では、 地方自治法の重要テーマについて講義するとともに、自治体行政の実態についても言及することで、自治体の進むべき道…
3〜4年次 2単位 春学期 木1 選択科目
税法 (竹崎 拓)
 税金は、私たちが日常生活を営むにあたって、いろいろな形でかかわっています。また、納税は、国民の義務でもあります。税法を知らないことにより、不利益を被ることも多々あります。その仕組みと体系は、税法に規定されていますが、社会や経済情勢の変化に応じて、毎年、改正が行われ、非常に複雑…
3〜4年次 4単位 春学期 水5・他 選択科目
法律事務特別講座 (大町 英祐)
 本講義は、刑事裁判、民事裁判などの法律実務をとおして、社会内において、法律がどのように運用されているのかを学び、そのことをとおして、法的知識をより実践的なものにしていくものである。 具体的には、各種事件において、弁護士などの法律実務家がどのような形で関与しているのかを紹介し、…
3〜4年次 2単位 秋学期 火2 選択科目
行政学 (浅野 一弘)
 近年、世界的に行政改革の潮流がみられる。わが国もまた、その例外ではない。2001年1月6日にスタートした1府12省庁制などは、行政改革の好例である。このように、日本の行政は現在、変革の渦中にあるといえよう。 そこで、今年度は、こうした行政改革の動向に留意しながら、行政学の基礎…
2年次 4単位 春学期 月2・他 選択科目
自治体財政論 (宇野 二朗)
この授業では、予算や財政という面から、現代行政の特質を考察するための基礎概念、制度および現状を整理し、解説する。
3〜4年次 2単位 秋学期 月3 選択科目
NPO・NGO論 (武岡 明子)
 近年、「公共」の担い手として、NPOは重要性を増している。また、国際的に見ても、国連会議などに多数のNGOが参加し、影響力を高めている。本科目では、国内的・国際的に重要性を増しているNPO、NGOについて、誕生の歴史と背景、法制度、組織、活動の実態、他のアクター(自治体、中央…
3〜4年次 2単位 秋学期 水2 選択科目

       

内容の一部または全ての無断転載を禁じます。 Copylight(C) 2017 Sapporo University. All Right Reserved.