検索ホームへ戻る の検索結果 108件中 1-15件目
 絞り込み
         
基礎ゼミナールT (川名 広文)
考古学入門 −縄文時代、弥生/続縄文時代を素材に− 考古学の基本的な理論や方法を修得するとともに、遺跡の野外調査や整理報告に関わる基礎的な作法・技術の習得に努める。また、縄文〜弥生/続縄文時代の文化・社会について学んでいく。
2年次 2単位 春学期 水4 必修科目
卒業研究 (川名 広文,田中 幹子,他)
指導教員の助言のもと、卒業研究(卒業論文または卒業制作)を完成させ提出する。指導教員とよく相談し助言を仰ぐこと。ただし、指導教員は助言者であり、自らが考えて執筆または制作を行うこと。 
4年次 2単位 春学期・他 その他1 必修科目
卒業研究演習U (川名 広文,田中 幹子,他)
卒業研究は、基礎ゼミナールT・U、応用ゼミナールT・Uで学んだことの延長線上に位置付け、量、内容ともに文化学部を修了するにあたってもっとも重要な課題である。卒業論文を執筆するあるいは卒業制作を行うこととする。卒業論文は、量・内容に加え、論文自体の独創性と専門性が求められる。卒…
4年次 4単位 秋学期 その他1・他 選択科目
言語基礎論T (時崎 久夫)
 テキストに沿って講義し、練習問題とレポートで考察を深めます。レポートは提出後、コメントをつけて返却して、修正・再提出を求めます。興味深いレポートは、プレゼンテーションで発表してもらいます。
1年次 2単位 春学期 水2 選択科目
言語基礎論U (時崎 久夫)
 テキストに沿って講義し、練習問題と自由課題のレポートで考察を深めます。レポートは提出後、コメントをつけて返却して、修正・再提出を求めます。興味深いレポートは、プレゼンテーションで発表してもらいます。
1年次 2単位 秋学期 水2 選択科目
日本文学基礎論 (荒木 奈美,田中 幹子)
(古典分野―前半8回まで)教科書に出てきた古典文学について、文法中心ではなく、物語そのものの面白さについて気づかせる。(後半9回から近現代分野)教科書に出てきた小説教材について、中学生や高校生の時とは異なった観点から作品をとらえ、それぞれの読みどころを再発見する。
1年次 2単位 春学期 月2 選択科目
異文化コミュニケーション基礎論 (浅見 吏郎,小笠原 はるの,他)
 この基礎論では、語学力やコミュニケーション能力のみならず、幅広い人間力に裏打ちされた異文化コミュニケーターを目指すため、世界の文化ーー世界のミュージック文化(ハワイアンからジャズ,カントリー&ウエスタン,フォーク・ロック等),芸術と文化,アニメーション,伝統芸能ーーなど「異文…
1年次 2単位 春学期 月2 選択科目
歴史文化学基礎論 (川上 淳,川名 広文,本田 優子)
本講義は、歴史文化の基礎的な視点を学ぶことを目的とする。3人の教員により、それぞれの専門領域の概要を学び、歴史文化に関する各学問がどんな学問であるかを考え、その基本を習得する。また担当教員の研究の概要を紹介する。  
1年次 2単位 秋学期 水3 選択科目
スポーツ文化基礎論 (金 誠,田川 芳紀,他)
スポーツ文化の基礎的な知識を学ぶ。具体的には、@文化としてのスポーツ、Aスポーツの歴史、B体育・スポーツの教育・指導における必要な知識、Cスポーツ活動におけるコーチングについて4人の教員からオムニバス方式で学ぶ。
1年次 2単位 春学期 水1 選択科目
日本語表現論 (田中 幹子)
『百人一首』の和歌の歴史的背景、代表歌を学び、、毎回1首ずつ講義していく。毎回、授業終わり、15分にその日の授業で取り上げた、和歌について学んだことをまとめ、その和歌への感想を書く。小テストをおこなう。
2年次 4単位 秋学期 火1・他 選択科目
日本語概論 (渡辺 さゆり)
日本語を研究の対象とした学問には、音声・音韻・文字・語彙・文章・文体・文法・方言などの分野が含まれる。日本語を研究テーマとする事は大変有益であると考えられ、また日本文学を研究する上でも日本語学は基礎となる学問である。ただし、日本語を学問としてと捉えた場合、前述した各分野に関する…
2年次 4単位 春学期 月4・他 選択科目
日本文学史T (田中 幹子)
毎回、テーマを決め、文学の発生から、王朝期までの文学を具体的作品によって理解する。時代ごとに確認テストをおこなう。毎回授業終わり15分を使い、その日のテーマについての感想を書く。
2年次 2単位 春学期 火1 選択科目
日本文学史U (田中 幹子)
毎回、テーマを決め、王朝期から、中世までの文学を具体的作品によって理解する。時代ごとに確認テストをおこなう。毎回授業終わり15分を使い、その日のテーマについての感想を書く。
2年次 2単位 春学期 火2 選択科目
日本文学論 (荒木 奈美)
 毎回の授業に一つのテーマを設定し、関連する文化的作品を授業者が提示する。参加者はその解釈を出発点として、それぞれのテーマに対する自己の意見を深めていく。既成の概念にとらわれず、また他者の異なる見解に意識を向けながら、15回の授業を通じて自己自身のものの見方とらえ方を深めていく姿…
2年次 2単位 春学期 木3 選択科目
漢文学T (高瀬 奈津子)
 授業では、プリントを用いて基礎的な漢文を読解する能力を養うことを目的とする。前半は、返り点や再読文字、句法など、漢文訓読の基本的な知識を学ぶことで、漢文読解の基礎力を身に付ける。後半は、さまざまな漢文を実際に訓読することで、漢文の読解力向上を目指す。毎回練習問題を出し、知識の…
2年次 2単位 春学期 火3 選択科目

         

内容の一部または全ての無断転載を禁じます。 Copylight(C) 2017 Sapporo University. All Right Reserved.