検索ホームへ戻る の検索結果 11件中 1-11件目
 絞り込み
哲学入門 (瀧元 誠樹)
現代社会における身近なものごと、当たり前だと思っていることについて、見方を変えてみることで疑問を持ってみる。そして、なぜそのような疑問が沸き起こるのか探ってみる。その理由を見つけ、あらためて自らの答えを考えだす。その答えを独りよがりなものにならず、客観的な合意を得られるように考…
1〜4年次 2単位 春学期・他 金1・他 選択科目
心理学入門 (本間 祥吾)
この講義では心と行動の基礎的メカニズムを理解することを目標とする。心理学は人の心を科学的に扱う学問であり、様々なトピックが含まれる。心理学の歴史・知見を概観しながら,人を対象とした心理学の研究手法を紹介する。多種多様な研究例を通して、専門外の人であっても他者や自分自身への理解を…
1〜4年次 2単位 春学期・他 火1 選択科目
日本国憲法 (森山 弘二)
近代憲法の原理と歴史および日本国憲法の規範的意味を解説したうえで(「憲法」を理解する)、それぞれの問題領域において議論されている憲法問題にも言及する(「憲法」から理解する)。なお、今年度の授業は、感染状況等により、授業形態が一部変更される(オンデマンド授業の併用など)可能性があります。
1〜4年次 2単位 春学期・他 水3 選択科目
数学入門 (山内 和幸)
中間試験と期末試験を行う予定だが、諸事情により実施ができない場合は(Glexaの利用を含む)課題提出で代用することがある。講義の基本手順は次の通り:1)基本概念の定義や説明2)重要な定理や公式の紹介3)それらを具体的に使う例題数学の勉強において、多くの問題を解くことは重要である。一方で…
1〜4年次 2単位 春学期・他 火3 選択科目
物理学入門 (新村 貴之)
1.力学、波動の基本原理を理解し、日常生活に応用することができる。2.力学、波動の基本法則や用語、実験的事実、その手法について理解する。3.問題を扱うときに関連する原理と法則を突き止めることができる。4.日常における力学・波動に関する物理的問題がどのように解かれるのかを理解し、…
1〜4年次 2単位 春学期・他 金2 選択科目
生物学入門 (工藤 利彦)
地球生命の歴史を知るために、宇宙の誕生から始まり、地球形成の過程について解説する。また、生命の基本的な特徴を考察し、その条件が地球形成の過程で、どのように整っていき生命誕生に至ったのかについて解説する。生命誕生後、細胞の進化や生命の多様化がどのように進んできたのか、また生命進化…
1〜4年次 2単位 春学期・他 木2 選択科目
人類学入門 (野口 明広)
 この授業は、はじめて人類学に触れる初学者を対象としています。ですから、あらかじめ特段の人類学に関する知識は必要としません。人類学に少しでも関心を持つた方なら、どなたでも履修することができます。 この授業では、人類学の中でも下位分野のひとつである文化人類学の研究成果を中心に紹介…
1〜4年次 2単位 春学期・他 木3・他 選択科目
環境科学入門 (稲垣 陽介)
生命と地球環境の問題は人間の経済活動における物質とエネルギーの相互作用に基づいている。自然科学的な視点から生命と地球環境をとらえ、生命と地球環境のありかたや変化を理解する道具としての科学(とくに生物学・化学と物理学)の力を示すことを目指す。地球環境を構成する大気圏、水圏、生物圏…
1〜4年次 2単位 春学期・他 水3 選択科目
フィールドワーク入門 (小山 茂)
近年、地元住民による「まちづくり」のための協議会や若者活動センターなど、老若男女が共創した「まちづくり」が各地で行われるようになってきている。特に大学と自治体との未来共創の取り組みも多く見受けられるようになった。その目的は、大学の知財、人財を活かした地域活性化、ならびに地域資源…
1〜4年次 2単位 春学期 月5 選択科目
教養言語T (本城 大一)
 紀元前400年前後にピークを迎える古代ギリシャ文明は西欧文明の出発点である。その完成度は非常に高く、ローマ帝国も、古代ギリシャ文化の多くを取り入れているが、その言語である古典ギリシャ語も、ローマ帝国ではラテン語とならび共通語として用いられていた。そして現代文明もまた、古代ギリ…
1〜4年次 2単位 春学期 木3 選択科目
教養言語U (本城 大一)
 紀元前400年前後にピークを迎える古代ギリシャ文明は西欧文明の出発点である。その完成度は非常に高く、ローマ帝国も、古代ギリシャ文化の多くを取り入れているが、その言語である古典ギリシャ語も、ローマ帝国ではラテン語とならび共通語として用いられていた。そして現代文明もまた、古代ギリ…
1〜4年次 2単位 秋学期 木3 選択科目


内容の一部または全ての無断転載を禁じます。 Copyright(C) 2021 Sapporo University. All Right Reserved.